HOTもCOLDも思いのまま!

いつでも冷たい水を飲める

街中でのどが渇いたとき、自動販売機やコンビニなどで飲料を買います。その時に冷たいものを選ぶと、キンキンに冷えた飲料を手にできます。暑い時にはその冷たさが体に身に染みるでしょう。では自宅で水道水をひねるとどうかです。生ぬるい水が出てくるだけです。冷たい飲み物を飲みたいときは、冷蔵庫で冷やしておく必要があります。ウォーターサーバーのいいところとして、いつでも冷たい水を飲めるところがあります。コールドの蛇口をひねったり押したりすれば、かなり冷たい水が出てきます。朝起きた時や、暑い外出先から戻ったとき、お風呂で体がほてった後など冷たいものをおいしく感じる時があります。わざわざ冷やさなくていいのがメリットと言えます。

温度調節で好みの温度が容易可能

地上では、熱湯は100度が最高温度になります。100度以上の水はできません。コーヒーやお茶などを飲むときも、最高100度のお湯を使うしかありません。では、それらを作るとき100度で作るのが良いかです。どちらも味や香りを楽しみますが、必ずしも沸騰したお湯がいいわけではありません。80度ぐらいがいいともいわれています。ウォーターサーバーではHOTの設定ができます。機種によっては温度が固定されるものもありますが、好きなように温度設定できるタイプもあります。ある機種は80度から95度まで変化させられるので、熱湯が使いたい家庭、熱湯よりも少し温度が低いタイプなどを選択できます。お湯も温度によって使い勝手が異なるので、調節機能は非常に助かります。